紙カップ、紙皿・各種紙器およびプラスチック製食品容器の企画・製造・販売を行っております。

SINGI

紙カップ、紙皿・各種紙器およびプラスチック製
食品容器の企画・製造・販売を行っております。

お知らせ

ホーム > お知らせ > 加熱機能付き弁当容器「ナルホット®」を双日プラネット株式会社から事業譲受しました。
お知らせ

2019.04.04 company

加熱機能付き弁当容器「ナルホット®」を双日プラネット株式会社から事業譲受しました。

2019年4月1日

報道関係者各位

プレスリリース

株式会社シンギ

株式会社シンギ 加熱機能付き弁当容器「ナルホット®」を

双日プラネット株式会社から事業譲受

~対応メニューの増加により、さらなる市場拡大を目指す~



株式会社シンギ(広島市中区 代表取締役社長:田中友啓)は、双日プラネット株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長:有賀謙一)より、加熱機能付き弁当容器「ナルホット」の事業を2019年3月29日付で譲受致しました。これに伴い、同製品の販売を4月1日より開始致します。

ナルホットは、容器本体にセットされた石灰と水の化学反応により、水蒸気を発生させ、内容物を温める加熱機能付きの容器で、ヒモを引っ張るだけの手軽さが好評です。駅弁、仕出しなどの用途に加え、災害用として年間200万個以上の実績があります。特に駅弁業界の実績が豊富で、冷めてもおいしいタイプの定番駅弁に対して、名物の牛タンやステーキなどを温めて楽しめるタイプの駅弁としてひとつのジャンルを構成しています。

シンギは、年商200億円の食品向けパッケージのメーカー兼商社であり、駅弁はシンギの主要業種の一つとなっています。ナルホットの販売については、譲渡前においても全出荷数の過半数がシンギ経由となっていました。事業譲渡を機に駅弁業界はもちろん、その他の主要業種である和洋菓子やフードサービス業界においても展開を図っていく予定です。既存取引先の声を取り入れながら、商品ラインアップを拡充し、電子レンジがない場所での温かいおでんやシュウマイ、ホットデザートなどの提供を可能にし、ナルホットの市場を拡大していく予定です。

※「ナルホット」は、開発製造元のフクビ化学工業株式会社の登録商標です。

■会社概要
商号:株式会社シンギ
代表者:代表取締役田中友啓
所在地:〒730-8662広島市中区南吉島2-1-24
設立:1952年6月
事業内容:紙器、およびプラスチック製食品容器の企画・製造・販売
資本金:3億1千万円
URL:http://www. shingi.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社シンギ
担当者名:東京支店 営業2部 日下部義弘
TEL:03-5608-8211
Email:yoshihiro-kusakabe@shingi.co.jp

■■■ 画像をクリックすると拡大します(PDF) ■■■

前に戻る